WiMAXの基礎知識

WiMAX2+の販売促進キャンペーン

通信可能エリアを拡大することや通信技術の更なる革新など

通信可能エリアを拡大することや通信技術の更なる革新など、成し遂げなければいけない課題は山積されていますが、LTEは軽快なモバイル通信の完成を目指して、「長期に亘る進歩」を遂げている最中です。

スマホで使っているLTE回線と形式的に異なるという部分は、スマホは端末自体が直接に電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターと呼ばれる機器によって電波を受信するという部分になります。

モバイルWiFiルーターに関しましては、契約年数と1ヶ月の料金、それに加えて速度を比較して絞り込むのが大切です。一方で使用するシーンを予想して、通信エリアを把握しておくことも重要だと言えます。

かつての通信規格と比較してみても、信じられないくらい通信速度が速くなっており、様々なデータを一括送受信できるというのがLTEの長所だと思います。今の時代にピッタリの通信規格だと思われます。

モバイルWiFiルーターの購入前に、WiMAXとワイモバイルという支持する人が多い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や月間の料金などを比較してみましたが、上位機種に関しての下り最大速度以外の大概の項目で、WiMAXの方が優れていることがはっきりしました。

「速度制限が敢行されるのはなぜか?」と言いますと

「速度制限が敢行されるのはなぜか?」と言いますと、通信用の回線に短時間に集中的なアクセスが為されると、そのエリアでパソコンなどを使っている全契約者が、繋げられなくなるとか速度がダウンしてしまうからです。

ワイモバイル提供のポケットWiFiは、決められているパケット通信量をオーバーしますと速度制限が実施されることになります。なお速度制限が掛けられる通信量は、購入する端末毎に決まっています。

ワイモバイルないしはNTTDoCoMoにて規定のある「3日間で1GB」という制限ですが、1GBというとパソコンで動画を視聴しますと、およそ2時間で達することになり、突然速度制限が実施されてしまいます。

WiMAX2+の販売促進キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが何社かありますが、キャッシュバックキャンペーンを実施していないプロバイダーも見受けられますから、注意しておきましょう。

マイホームだったり戸外でWiFiを使うつもりなら、モバイルWiFiルーターが不可欠です。今注目されているWiMAXとワイモバイルを徹底的に比較してみましたので、興味があれば参考にしてみてください。

1ヶ月のデータ通信量の制限規定はありませんし

LTEと同様に高速モバイル通信が可能なWiMAXという通信規格も非常に評判が良いです。総じてノートパソコンなどで使用されており、「時間と場所を選ばずWiFi高速通信に接続可能!」というのが訴求ポイントだと言えます。

WIMAXの「ギガ放題プラン」にしたら、1ヶ月のデータ通信量の制限規定はありませんし、キャッシュバックキャンペーンを有効利用すれば、月額料金も4千円弱に抑制できるので、現段階では最高のプランだと思います。

モバイルルーターならすべて3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限が設けられています。ただ無茶苦茶な使い方をしなければ、3日間で3GBに達してしまうことはほとんどないから、そんなに不安になることはありません。

ワイモバイルというのは、ドコモなどのように自分の会社でモバイルの為の回線を有し、独自の戦略でサービスを展開する移動体通信事業者(MNO=Mobile Network Operator)で、SIMカードのみの販売もやっているのです。

「データ通信容量」、「速度制限」、「毎月の料金」、「通信可能エリア」という4つの事項で比較してみたところ、どなたがチョイスしたとしても後悔することのないモバイルWiFiルーターは、本当に1機種だけというのが本心です。